読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby始めました

Homebrewを使ってみようってなった

 
インストールが終わったのはいいんだけどiTermではなぜかbrewコマンドが使えず、元々あるターミナル.appだとbrewコマンドが使えた
iTerm上でman brewしてもbrewの情報はしっかり出るのに
brew command not foundになってよくわからない
 
 
readlineとopensslを入れる
readlineはコマンドラインの1行入力を支援してくれる物
opensslはネットワーク通信を暗号化するライブラリのオープンソース
     brew install hoge
 
rbenvも入れる
rbenv 開発者の使いたいバージョンのルビーを切り替えて使うことができる
 
bash_profileの内容をreadlineなどを入れる過程で変えていく

     PATH=/usr/local/bin:/usr/local/sbin:$PATH

     export PATH
     if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi
 
ruby-buildをインストールする
     rbenvを使ってRubyをインストールするためのパッケージ
 
これまでにビルドした2つのライブラリを使いたいのでこれらのライブラリの場所を指定
バージョンによって下線部が変わるかも

 

CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local/opt --with-openssl-dir=/usr/local/opt" rbenv install 1.9.3-p194 
 
これらはopensslを入れる時にこんなの↓が出てくると思う
    LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/openssl/lib
    CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/openssl/include
これの下線部が上の下線部と対応する
 
 
この段階で
     rbenv version
をやってもまだ1.9.3-p194が使える段階にはなっていない
なので
     rbenv versions
で何が利用可能かをしらべて
     rbenv global 1.9.3-p194
     rbenv rehash
でバージョンを切り替える
成功していれば
     ruby -v
ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [x86_64-darwin12.3.0] 
こんな表示になるはず
     which ruby
したら
     /Users/name/.rbenv/shims/ruby 
となるはず
失敗したら
     /usr/bin/ruby
とかになってるかも
 
rubyのバージョンが更新されていなかったら
     tail ~/.bash_profile
で修正がちゃんと出来ているか確認
できてなかったら書き加えてターミナル.appを一旦消してもう一度起動
 
これでいつでもバージョンの切り替えができますね(爽やか
 
 
 
Rubyの基本的な文法はIPAが無料配布してるRubyプログラミング入門で多少は覚えたのですがプログラミングの楽しいこと知ってないなって思って作りながら学ぶRuby入門を先日買ってきました。
"はじめに"のところで「プログラミングを学ぶとは」って話があって文法を学んだからってプログラミングのお勉強が終わったわけではないので知ってること使って楽しくものづくりしましょうって書いてあってこれが知りたかったんだな、自分はずっと道に迷ってたんだなあって感動しました。自分の知ってることで遊べるものとか作っていつのまにかRubyマンになってたいです。
 
1日1部ずつ進めるのが目標ですね。
 

今回知ったもの
Homebrewの存在Macportsがいるとめんどくさいこと
brew install hoge
rbenvの存在
versionとversionsは別物
tailコマンド